過去の記事:平成19年11月

平成19年11月29日(木)

東京スーパーエコタウンの視察

 11月29日、東京都大田区の東京スーパーエコタウン内にあるリサイクル6施設を、環境大臣が視察しました。
 今回は、12月1日に改正法の施行を控えている食品リサイクル関連施設のみならず、建設リサイクル関連施設や家電リサイクル関連施設を視察し、リサイクルの最前線で取り組む方々の現状と課題を聴取しました。

クリックすると拡大します<食品廃棄物バイオガス発電施設(バイオエナジー(株))>

クリックすると拡大します<食品廃棄物飼料化施設((株)アルフォ)>


クリックすると拡大します<建設混合廃棄物リサイクル施設((株)リサイクル・ピア)>

クリックすると拡大します<建設混合廃棄物リサイクル施設(高俊興業(株))>


クリックすると拡大します<廃情報機器類等リサイクル施設((株)フューチャー・エコロジー)>

クリックすると拡大します<廃情報機器類等リサイクル施設((株)リーテム)>

ページトップへ

平成19年11月29日(木)

「政府インターネットテレビ」への大臣出演

 インターネット上の政府広報番組である「大臣のほんね」に環境大臣が出演し、11月29日から、ネット上で聴取可能になりました。
 番組では、大臣から、気候変動問題を中心に国民へのメッセージが語られるとともに、大臣の信条等を漢字一文字で表し、その説明も行いました。詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
 →政府インターネットテレビ

クリックすると拡大します<収録風景>

ページトップへ

平成19年11月28日(水)

日本オリンピック委員会竹田会長等の表敬

 11月28日、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田会長、水野副会長、板橋スポーツ環境専門委員会委員長並びに松岡環境アンバサダーが、環境大臣を表敬しました。
 懇談の席上、竹田会長からは、JOCにおける温暖化防止に向けた普及啓発活動の現状とその成果等について説明がなされ、環境大臣から、スポーツ界でのより一層の取り組みを要請した後、双方の間で、今後の取り組みについて、アイデアの交換を行いました。

クリックすると拡大します<意見交換風景>

クリックすると拡大します<JOCの温暖化防止ポスターを掲げての記念撮影>

ページトップへ

平成19年11月28日(水)

山崎製パン(株)の視察

 環境大臣は、11月28日、食品廃棄物の発生抑制等に積極的に取り組む山崎製パン(株)武蔵野工場を視察しました。
 工場では、調理パン等の製造工程を視察した後、その過程で大量に発生するパン耳をスナック菓子の原料等として有効活用する取組みや、販売後のパン製品の売れ残り減少対策に向けた課題等を聴取しました。

クリックすると拡大します<製造工程ラインを視察する環境大臣>

ページトップへ

平成19年11月25日(日)

佐渡トキ視察と日中国際シンポジウムへの出席

 環境大臣は、佐渡におけるトキの野生復帰の取組みの現状を視察し、また、新潟市内で開催されたトキの保護活動や野生復帰の取組み等に関する日中国際シンポジウム(日中友好がひらくトキの未来)に出席しました。
 大臣は、佐渡島で、中国から今般提供された2羽のトキの様子や、日本で生まれ育ち、野生復帰に向け順化訓練を始めたトキの様子を確認した後、シンポジウム会場にて、2羽のトキを携えてきた中国国家林業局野生動植物保護司の王偉副司長一行や、トキの保護・野生復帰に取り組まれている多くの方々と意見交換を行いました。

クリックすると拡大します<飼育ケージのモニター監視状況視察>

クリックすると拡大します<野生復帰の取り組み状況の視察>


クリックすると拡大します<シンポジウムにおける挨拶>

クリックすると拡大します<中国国家林業局王偉副司長との意見交換>

ページトップへ

平成19年11月22日(木)

環境安全保障と日本に関する講演

 慶応大学グローバルセキュリティ研究所が開催した第1回年次コンファレンスの「環境安全保障と日本」と題するセッションに環境大臣が出席し、気候変動をテーマに講演を行いました。
 講演では、国際社会における気候安全保障(Climate Security)に関する議論を紹介しつつ、そうした議論の意義や日本の役割、我が国の戦略、そして、現在の国際交渉の状況について説明しました。

クリックすると拡大します<講演中の環境大臣>

ページトップへ

平成19年11月21日(水)

EU加盟国駐日大使朝食会での講演

 ザナッティ・ポルトガル大使の招聘を受け、EU加盟国駐日大使が参加する朝食会に環境大臣が参加し、気候変動枠組み交渉に関する基調講演を行いました。
 講演では、大臣から、我が国の気候変動問題に関する戦略である「クールアース50」を説明するとともに、インドネシアのバリで開催される締約国会議(COP13)の課題や、気候変動問題への具体的な政策について説明し、活発な意見交換が行われました。

クリックすると拡大します<講演を行う環境大臣>

クリックすると拡大します<講演を行う環境大臣>

ページトップへ

平成19年11月21日(水)

気候変動関係NGOとの意見交換会

 環境大臣は、我が国の気候変動関係NGOからの要請を受け、バリで開催されるCOP13と我が国の国内対策を議題とし、NGO6団体との間で、意見交換会を行いました。
 交換会では、出席したNGO連名で、4項目の要望が提案された後、大臣との間で率直な意見交換が行われました。

クリックすると拡大します<大臣室における意見交換の模様>

ページトップへ

平成19年11月21日(水)

埼玉県及び東京都における水環境保全活動の視察

 埼玉県で水質改善の継続的な取組が行われ成果をあげつつある鳩ケ谷市・川口市芝川と、東京都で水質改善に取り組みつつも様々な課題を抱える八潮市・足立区垳川の現場を、大臣が訪れました。
 芝川では、ヨシや炭素繊維による浄化現場等を視察し、垳川では、水質改善の進まない現場を視察した後、水質改善活動を行う地域の団体、生徒の取組みを聴取しました。

クリックすると拡大します<芝川の現場の視察>

クリックすると拡大します<芝川の現場の視察>


クリックすると拡大します<垳川の現場の視察>

クリックすると拡大します<垳川の水質改善活動報告会であいさつする環境大臣>

ページトップへ

平成19年11月14日(水)

ナショナル・トラスト全国大会への出席

 第25回ナショナル・トラスト全国大会国際フォーラムが、東京都渋谷区で開催され、環境大臣が出席し、冒頭あいさつを行いました。
 この大会では、英国で始まったナショナル・トラスト運動が、我が国でもより一層活性化するよう、企業と連携した活動のあり方や活動を支援する法制度のあり方などが議論され、大臣からも、環境省において、エコツーリズムの推進や、自然の再生、里地里山の保全のための施策に取り組んでいることを紹介しました。

クリックすると拡大します<あいさつを行う環境大臣>

ページトップへ

平成19年11月14日(水)

第三次生物多様性国家戦略に関する答申手交

 平成14年に策定された現行の生物多様性国家戦略の見直しについて審議を進めていた中央環境審議会において、11月14日、答申がまとめられたことから、同審議会の自然環境・野生生物合同部会長から、大臣に答申が手交されました。
 今回の答申では、生物多様性の重要性について、国民にも分かりやすくとの観点から工夫がなされつつ、4つの基本戦略が提言され、環境大臣からは、答申も踏まえ戦略策定を進めていく旨、発言がなされました。

クリックすると拡大します<答申の手交を受ける環境大臣>

ページトップへ

平成19年11月12日(月)

地球温暖化防止活動推進センターとの意見交換

 地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき設置されている全国地球温暖化防止活動推進センターの大木代表(元環境大臣)と各県の地球温暖化防止活動センターの代表が大臣室を訪れ、大臣と懇談を行いました。
 懇談の場では、国民一人ひとりの温暖化防止の取組みの推進方策について意見が交わされました。

クリックすると拡大します<意見交換の模様>

ページトップへ

平成19年11月11日(日)

「環境と心身の健康」シンポジウムへの出席

 健康の維持と増進の視点から環境を考えていくことをテーマとする三菱UFJ環境財団の寄付講座シンポジウムが、アンサンブルコンサートとともに、上智大学で開催され、環境大臣が特別講演を行いました。
 環境大臣は、講演の中で、現代は、自分たちの行動が、巡り巡って新たなストレスとなって自らに降りかかってくる時代であり、私たちの足元にある豊かさを少しだけ削って将来のために取り組む難しさが根底にある、そういう時代に生きていることを述べました。

クリックすると拡大します<講演中の環境大臣>

クリックすると拡大します<パネルディスカッションの模様>

大臣特別講演要旨 [PDF 15KB]

ページトップへ

平成19年11月9日(金)

政府公用車向けE3給油式への出席

 温暖化防止対策の観点から期待されるエコ燃料の普及を加速化するため、政府公用車を対象にバイオエタノール3%混合ガソリン(E3)の供給を開始する給油式が、施設が設置された新宿御苑で開催され、大臣が出席しました。
 来賓、関係者の出席する給油式の席上、大臣からは、本日のE3給油開始を契機に、バイオ燃料の利用の一層の促進を期待するとともに、将来的にはエタノールを10%混合したE10の実現も考えていきたい、との挨拶がありました。

クリックすると拡大します<関係者一同によるテープカット>

クリックすると拡大します<給油ホースを手に取る環境大臣>

ページトップへ

平成19年11月4日(日)

J−WAVE ロハスサンデーへの出演

 J−WAVEで毎週日曜日に放送されるロハスサンデーという番組の中で、環境問題に貢献する著名人のインタビューを行うコーナーに出演しました。
 この番組の中で、大臣は、同番組のナビゲーターである王理恵さんと対談し、環境省の仕事の紹介から始まり、地球温暖化対策の現状や個人での取組について説明したほか、心療内科医として医療の現場で仕事をしていた大臣自らの経験から、健康という切り口で、快適な暮らし方についてメッセージを送りました。

クリックすると拡大します<収録風景>

クリックすると拡大します<収録風景>

ページトップへ

平成19年11月1日(木)

「カーボンダイエットなあかり展」の視察

 NPO法人デザインアソシエーションが主催する「東京デザイナーズウィーク」において、チームマイナス6%が出展する「カーボンダイエットなあかり展」を、環境大臣が視察しました。また、併せて、世界各国の環境をテーマにしたグラフィックデザイン100点を集めたLOVE YOUR EARTH展を、同会場で視察しました。
 今回のあかり展は、照明のエネルギーを半減しながらも商品を魅力的に照らす新たな照明デザインの提案を行うもので、学生と国、企業が連携して2つのコンテナで展示が行われました。

クリックすると拡大します<コンテナ展示の視察>

クリックすると拡大します<ポスター展示の視察>

ページトップへ

平成19年11月1日(木)

第13回日韓国際環境賞表彰式への出席

 日韓国交回復30周年等を記念して、毎日新聞社及び朝鮮日報社により創設された日韓国際環境賞の表彰式に、大臣が出席しました。
 今回は、日本側は石綿対策全国連絡会議が、韓国側は韓国自然環境保全協会が受賞され、環境大臣から祝辞が述べられました。

クリックすると拡大します<祝辞を行う環境大臣>

ページトップへ