過去の記事:平成20年7月

平成20年7月7日(月)

北海道版エコ・アクション・ポイントの視察

 温暖化対策型商品・サービスの購入により得られたポイントが様々な商品と交換することができるエコ・アクション・ポイント事業について、北海道地区で7月から先行実施されることとなった現場を、環境大臣が視察しました。

クリックすると拡大します<商品売り場で説明を受ける環境大臣>

ページトップへ

平成20年7月7日(月)

「あかりから考える地球温暖化」国際シンポジウムへの出席

 ライトダウンが行われるクールアース・デーの7月7日に、あかりから地球温暖化問題を考える国際シンポジウムが札幌で開催され、環境大臣も出席しました。
 シンポジウムでは、照明デザイナーの石井幹子さんの基調講演や日本電球工業会からの第2回あかりサミットの成果報告、また、欧州ランプ会社連合会会長や中国照明電器協会会長、青年会議所小田会頭等の参加を得たパネルディスカッションなどが行われました。

クリックすると拡大します<環境大臣挨拶>

クリックすると拡大します<パネルディスカッションの様子>

ページトップへ

平成20年7月1日(火)

エコ・ファースト制度新規参加企業へのマークの贈呈

 業界トップランナー企業の環境保全行動を更に促進するため、企業が環境大臣に対し自らの取組を約束するエコ・ファースト制度に、今回、新たに5社の企業が参加することとなり、各企業に対し、環境大臣から、エコ・ファースト・マークが贈呈されました。
 今回参加するのは、日産自動車株式会社、三菱自動車工業株式会社、株式会社滋賀銀行、株式会社びわこ銀行及びNECパーソナルプロダクツの5社で、マークの贈呈に先立ち、各社社長・副社長から、それぞれの企業の取り組みの約束内容が説明されました。

クリックすると拡大します<日産自動車株式会社からの約束の手交の様子>

クリックすると拡大します<三菱自動車工業株式会社からの約束の手交の様子>


クリックすると拡大します<株式会社滋賀銀行からの約束の手交の様子>

クリックすると拡大します<株式会社びわこ銀行からの約束の手交の様子>


クリックすると拡大します<NECパーソナルプロダクツからの約束の手交の様子>

クリックすると拡大します<各社に手交されたエコ・ファースト・マーク>

ページトップへ