2009年3月アーカイブ

090329hirano.jpg
090329houdo2001.jpg
090315joseibu.jpg
090315baseball.jpg

090312semi.jpg

講師 ロバート・アラン・フェルドマン(モルガン・スタンレー証券会社チーフ・エコノミスト/マネージング・ディレクター)

『日本経済 品種改良の時代』

(サブプライム、リーマン等金融の問題は)「借り手のミス、貸し手のミス、監督のミス」

「日本ほど上手くエネルギーをつかっている国は無い」「新しい組み合わせ(品種改良)によって全世界へ売れる」

090311ota_koumei.jpg

会を前に公明党太田代表と

book090303.jpg

時間を「15分」という単位でとらえていくと、時間の使い方がとても上手になる。

○15分で、できることをまずする。

○15分たったら、頭を切り替える。

○15分たったら、別行動をしてみる。

○15分で、ひとつの仕事を終わらせる。

○用件と用件の間に15分という時間を見つけ、それを有効に使う。

 

仕事はたしかに「大慌て」でやる必要はない。しかし、あまり「のんびり」とでも困る。結局は、あとで大慌てすることになるのだから。つまり「少し慌てて」やっていくのが、一番いいのではないだろうか。

 

新講社

ISBN:978-4-86081-258-4

 

1