2-著作の最近のエントリー

book090805.jpg
「心の疲れ」を翌日に持ち越さない人の習慣

○あったほうがいいストレスと、なくていいストレスの意外な違い
○趣味はストレス解消のためでなく、レクリエーションに使う
○ブツブツ独り言をいって不満を吐き出す効果
○苦手な人との関係を文章にしてみる
○自分の本音がわかる「受動的注意集中」とは?

青春出版社
ISBN:978-4-413-03724-2

book090701.jpg
「今度こそ、最後まできちんとやりたい」と決意したのに、「きっとまた、途中で投出すことになるのだろう」と予測し、自分に「できない」という暗示をかけてしまう。

長続きしない原因はもともとが、「好きなことを選んでいなかった」から

新講社
ISBN:978-4-86081-279-9

 

 

book090602.jpg

あなたの周りに「問題のある人」がいる場合、そしてすぐにつきあいを断つわけにはいかない場合、とりあえずは「あきらめてつきあう」しかない、といえる。

トラブルからはさまざまなことが見えてくる。トラブルとは「社会勉強」の一項目といえる。

「問題が  ある人」とつき合う(あるいわ上手に避ける)ことは、人間関係の最上クラスのテーマなのである。これがクリアできれば、あなたは人間関係の達人といえるだろう。

 

新講社

ISBN:974-4-86081-272-0

 

book090303.jpg

時間を「15分」という単位でとらえていくと、時間の使い方がとても上手になる。

○15分で、できることをまずする。

○15分たったら、頭を切り替える。

○15分たったら、別行動をしてみる。

○15分で、ひとつの仕事を終わらせる。

○用件と用件の間に15分という時間を見つけ、それを有効に使う。

 

仕事はたしかに「大慌て」でやる必要はない。しかし、あまり「のんびり」とでも困る。結局は、あとで大慌てすることになるのだから。つまり「少し慌てて」やっていくのが、一番いいのではないだろうか。

 

新講社

ISBN:978-4-86081-258-4

 

book090202.jpg

大切なことは、自分の気持ちをどうしたら切り替えることができるかです。心のわだかまりをどうしたら整理できるかです。

1.気持ちの整理も、「大きい物」から片づける

15.失敗したら、周りの人に共有してもらう

65.白黒つけなくてもいいことがある

70.「ちょっと無責任」を楽しもう

 

新講社

ISBN:978-4-86081-250-8

 

book090105.jpg

「捨てる」というのは、とてもエネルギーを要します。

けれども、頭の中にいつも「捨てなきゃ」という思いが引っかかっていると、これが日々の生活にブレーキをかけることになります。

ストレスを溜めれば人生は停滞します。

「物メタボ」にしろ「情報メタボ」にしろ「心のメタボ」にしろ、まず、よけいなものを「ひとつ捨て」て、身を軽くすることが先決です。

 

新講社

ISBN:978-4-86081-249-2

book081201.jpg

「人からどう思われるか」が気になるひとへ

◎人に好かれようとして「人に合わせて」ばかりではありませんか。

◎周りの人に「評価されたい」という気持ちが強いのではありませんか。

◎自分は「こうでなければならない」という高い理想に縛られていませんか。

 

「人と会うのがつらい」という人は、人が嫌いなわけではなく、人を好きになろう、人といい関係を作ろうと無理しすぎている人。疲れているのに、声をかけられると「断れずに」、人に会いにいこうとする。

 

新講社

ISBN:978-4-86081-244-7

 

book081101.jpg

ストレスを抱えた心というのは、「耐性の欠如」という現象となって、人を苦しめます。

転職や恋人との別れ...そのときは正しい判断と思ったのに、後になって悔やんでしまうことがあるとすれば、そこにはあなたの「心のストレス」が何らかの作用をし、あなたを間違った方向に行かせた、ということになります。

 

新講社

ISBN:978-4-86081-231-7

book081001.jpg

元気な人にだってストレスはあります。身近に苦手な人もいるだろうし、不運な目にもあっているのです。

なのに元気でいられるのには理由があります。

それは、一見すると自分にとってマイナスと思える出来事を、生きる力に変えていく「強さ」を持っているから。

 

-大好きなことをするのが一番のリフレッシュ法

-落ち込んだときは体を動かそう

-あなたの行動を邪魔するモノはさっさと捨てる

-食事と睡眠はしっかりとる

 

 

新講社

ISBN:978-4-86081-236-2

book080815.jpg

言葉にしてみると、心の中で不満を誇大妄想的に大きくふくらませていたことが、意外とたいしたことがなかったと感じられたり、じつは本当の不満は他のところにあった、と見えてきたりすることもあります。

毒素を排出すると肌が生き生きするように、ストレスを排出すると、毎日が生き生きして、いろいろなことがうまくいくようになります。

 

大和書房

ISBN:978-4-479-78185-1

 

1  2  3 >