頭のいい人の「15分習慣」のススメ

book090303.jpg

時間を「15分」という単位でとらえていくと、時間の使い方がとても上手になる。

○15分で、できることをまずする。

○15分たったら、頭を切り替える。

○15分たったら、別行動をしてみる。

○15分で、ひとつの仕事を終わらせる。

○用件と用件の間に15分という時間を見つけ、それを有効に使う。

 

仕事はたしかに「大慌て」でやる必要はない。しかし、あまり「のんびり」とでも困る。結局は、あとで大慌てすることになるのだから。つまり「少し慌てて」やっていくのが、一番いいのではないだろうか。

 

新講社

ISBN:978-4-86081-258-4